楽天などでも買える非BZ系の睡眠薬とBZ系との比較

睡眠薬として心療内科や精神科で処方される薬の大部分は、ベンゾジアゼピン系(BZ系)の薬です。
なぜならBZ系の薬は精神安定剤として処方されることも多いため催眠作用が高く、その割には大量服用や連用による危険性が比較的低いとされているからです。
また開発が進んでいて睡眠薬の種類も多いため、患者の状態に合わせた薬を処方するのが容易です。
こうした面でBZ系の薬は安全性は高いです。
しかし向精神剤のカテゴリーに入るため、医師の診察を受けたうえで処方箋が必要となってきます。
最近では心療内科や精神科に通うハードルは、昔ほど高くはありませんがやはり抵抗がある方も多くいます。
そのような場合、楽天などインターネット上で販売されている市販薬を睡眠薬として利用することになります。
そういった市販薬は非BZ系で、睡眠改善薬という名前で売られています。
医療用のBZ系の薬とは異なり、抗ヒスタミン剤(ジフェンヒドラミン)の副作用である眠気を利用した薬剤です。
そのため効果はBZ系よりも弱めです。
またBZ系と比べて、割高な感が否めません。
ただ店頭で睡眠薬を買うのに抵抗がある人にとって、楽天などインターネットサイトで簡易な問診のもと購入できるというのは利点です。
また楽天では非BZ系の睡眠薬の他、寝つきをよくするなどの効果を持つサプリも売られています。
これらのサプリは薬剤ではないため、より安全に服用できます。
BZ系の睡眠薬と非BZ系の薬を比較してみると、一長一短あります。
もし睡眠障害がうつなどからくる場合はやはり医師の診断を受けて、然るべき薬を服用する方がよいでしょう。
ただ一時的に眠れないなどといった症状が出る場合には、楽天などで買える非BZ系睡眠薬の服用を検討してみるのも悪くない選択肢です。

Latest Post