ベットで熟睡している女性

睡眠薬と寝言の克服について

睡眠薬をつかうと、人はとても心地のよい環境におちいりながら、眠りにつくことができます。
とても緊張する手術の前などには、精神疾患や心の病を抱えていない人でも睡眠薬を、病院から、医師から処方されることがあるほど、効果があるものです。
ただ、睡眠薬は個人差もあり、一粒でとても効果がえられる人がいる一方で、まったく効果がえられず、眠れない、そのような環境になっている方もおられます。
これはなぜかというと、体に個人差があるように、薬による影響が個人、個人で異なるためです。
睡眠薬を飲んでいる方は、辛い心の悩みを持っている方がほとんどです。
特に統合失調症などの精神疾患などの場合、寝言でもつらい心の叫びがあらわれてしまうことがあります。
これは、心に恐怖がつきまとい、または過去にいじめにあったことなどが夢などに現れてしまうため、寝言でそのことを払拭しようと、つい、言葉に出てしまうということです。
またはうつ病の方でもこのような症状があり、辛さのあまり、寝言で叫んでしまう、このようなことがあります。
これらを克服するためには、どのようにしたらよいのでしょうか。
まず、家族がいる場合には、寝言で苦しんでいる際には、起こしてもらう、そのことで少しでも苦しみからは解放されます。
また睡眠薬が体にあっていない、そのようなケースもあるため、寝言を克服するために、処方されている薬の量を調整してもらう、もっと自分の体に合う薬を処方しなおしてもらう、そのような方法もあります。
また、寝言を克服するためには、自分が置かれている環境が辛い、そのような意味も含まれている場合があるため、嫌な人間関係がある場合には、思い切って切ってしまうなどのことも大切です。

Latest Post